English >> TOPページ   


  ヒラオ マキ
  平尾 磨樹   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 現在の専門分野
  スポーツ医学, 健康づくりの運動生理学 (キーワード:ゴルフ、健康増進、転倒予防、ロコモ予防) 
■ 主要学科目
スポーツ医学、スポーツ生理学、スポーツ生理学演習、運動プログラムの管理、救急救命Ⅰ・Ⅱ、救急処置法(整形外科的な外傷・障害への対応を含む)、健康科学インターンシップB、卒業研究演習、卒業研究
■ 学歴
1. 1990/10~1993/06 Dimond High School, Anchorage, Alaska, U.S.A. 卒業
2. 1993/09~1994/05 Boston University, Massachusetts, U.S.A., College of Liberal Arts, Major in Chemistry
3. 1994/05~1997/05 Tufts University, Medford, Massachusetts, U.S.A., College of Liberal Arts, Major in Biochemistry 卒業 Bachelor of Science With High Honors in Thesis
4. 1997/05~1998/05 University of California, Davis, U.S.A., Program in Physiology, Population Health & Reproduction 博士課程
5. 1998/06~2003/12 University of Washington, Seattle, Washington, U.S.A., Program in Biomolecular Structure and Design, 博士課程修了 Doctor of Philosophy in Chemistry
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 1996/09~1996/11 Tufts University, Cells and Organisms Laboratory, Teaching Assistant
2. 1998/06~2003/12 University of Washington/Fred Hutchinson Cancer Research Center, Clinical Research Division and Public Health Sciences Division, Research Assistant
3. 2000/03~2000/06 University of Washington, Cell Biology, Molecular Biology of Disease, Teaching Assistant
4. 2009/04~2011/03 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部東京都済生会 東京都済生会中央病院 臨床研修医
5. 2011/04~2015/03 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部東京都済生会 東京都済生会中央病院 血液内科 専修医
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/09~ 日本骨髄腫学会 ダイバーシティー推進委員会
■ 所属学会
1. 2011/06~ 日本内科学会
2. 2012/04~ 日本血液学会
3. 2012/10~ 日本感染症学会
4. 2013/02~ International Myeloma Society
5. 2013/10~ 日本造血・免疫細胞療法学会
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 1991/09~1991/09 Chinook Elementary School, Anchorage, Alaska, U.S.A., Visiting Lecture, Japanese Culture
2. 1992/09~1993/06 Providence Hospital, Anchorage, Alaska, U.S.A., Volunteer
3. 1996/06~1997/05 Massachusetts General Hospital, U.S.A., Emergency Room, Floor Assistant Volunteer
4. 2010/07~2010/07 西日本新聞  「東京の研修医、救急搬送を学ぶ 日田玖珠広域消防本部」
5. 2010/07~2020/07 大分合同新聞 「地域医療の現状を学ぶ 日田玖珠広域消防本部に研修医」
全件表示(11件)
■ 資格・免許
1. 2009/05 医師免許取得
2. 2013/05 公益社団法人日本医師会認定産業医
3. 2016/04 一般社団法人日本血液学会認定血液専門医
4. 2016/07 公益社団法人日本骨髄バンク調整医師
5. 2019/12 一般社団法人日本内科学会総合内科専門医
■ 受賞学術賞
1. 1991/05 National Honor Society for Secondary Schools, Member
2. 1991/05 The Alaska Legislature 1991 Excellence in Education Award, Honor Roll Student of Dimond High School
3. 1991/05 Who's Who Among American High School Students, 1990-1991 edition
4. 1992/04 Second place in 19th annual Anchorage School District High School Mathematics Competition
5. 1992/05 Merit Award: Outstanding Science Student of the Year (Dimond High School)
全件表示(28件)
■ 著書・論文等
1. 著書  医学探偵ジョン・スノウ : コレラとブロードストリートの井戸の謎  (共著)  2021/03
2. 著書  健康づくりの新・運動生理学  (共著)  2021/03
3. 著書  最新医学別冊 新しい治療と診断のABC. 多発性骨髄腫 第2章 病理・病態生理 病因  (単著)  2014/06
4. 論文  慢性好中球性白血病の病態と臨床  (共著)  2023/11
5. 論文  Immunomodulatory Effect of Proteasome Inhibitors via the Induction of Immunogenic Cell Death in Myeloma Cells  (共著)  2023/09
全件表示(47件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2024/05 ダイバーシティ推進委員会2023年度アンケート結果報告(第49回日本骨髄腫学会学術集会)
2. 2022/10 Drug repositioning revealed ambroxol induced myeloma cell death by inhibiting autophagy(第84回日本血液学会)
3. 2022/10 迅速な診断と多剤併用の免疫抑制療法により良好な転帰を辿ったTAFRO症候群の1例(第681 回日本内科学会-関東地方会)
4. 2022/09 新しい生活様式におけるオンラインを用いた健診に関する意識調査の研究(第81回日本公衆衛生学会総会)
5. 2022/09 新しい生活様式における健診受診控えの要因の検討(第81回日本公衆衛生学会総会)
全件表示(88件)
■ 講師・講演等
1. 2022/02 出血傾向をきたし,新規に同定された先天性トロンボモジュリン異常症と凝固線溶病態(第16回日本血栓止血学会 学術標準化委員会シンポジウム 血栓溶解部会「線溶 REVISIT:古くて新しい話題」)
2. 2022/08 厚労科研「女性特有の疾病に対する健診等による介入効果の評価研究」 女性のがん検診の需要行動に関する研究(第63回日本人間ドック学会学術大会 特別企画「厚労科研・女性特有の疾病に対する健診等による介入効果の評価研究」)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2024/04 大東文化大学ゴルフ部副部長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996/06~1996/08  Howard Hughes Medical Institute Undergraduate Research Fellows (Tufts University), Localization of Allin Lyase mRNA in the Garlic Clove by in situ Hybridization with Digoxigenin-Riboprobes  機関内共同研究 
2. 2012/04~2014/03  厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業「感染症を媒介する節足動物の分布・生息域の変化,感染リスクの把握に関する研究」  国内共同研究 
3. 2018/08~2019/03  公益財団法人ライフ・エクステンション研究所 研究助成事業(永寿基金)意義不明単クローン性ガンマグロブリン血症(MGUS)におけるNRAS, KRAS, BRAFの発現とその意義の検討  機関内共同研究 
4. 2019/04~2022/03  厚生労働科学研究費補助金 女性の健康の包括的支援政策研究事業 「女性の特有の疾病に対する健診等による介入効果の評価研究 」  国内共同研究 
5. 2020/04~2023/03  厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「我が国における公衆衛生学的観点からの健康診査の評価と課題」  国内共同研究 
全件表示(7件)
■ 科研費研究者番号
  10902158
■ researchmap研究者コード
  R000034596
■ メールアドレス
  
■ ホームページ
   https://www.instagram.com/hirazemi/


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.